【美容師解説】白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

白髪のお悩み

おしゃれ染めでも白髪は染まるのかな?仕組みについて美容師がわかりやすく解説します!

どちらも染まる原理は一緒

通常の白髪染めもおしゃれ染めも酸化染毛料といい髪の毛を脱色しながら染めるという原理は一緒です!アレルギー反応が起きることで有名なジアミンはどちらも含まれます。

ヘアマニキュア、カラートリートメント、ヘナなどは種類が異なり、白髪を染めることは可能ですが白髪以外の毛を明るくすることはできません。メリットとしてはダメージが少ないです!

ヘナに関してはトリートメント効果とダメージが無い天然の染料です!

詳しくはこちらをご覧ください!

【美容師解説】ヘナが合わなくなった?ヘナカラーとアレルギーについて
オーガニックのカラーで安心なはずなのに頭皮が荒れた、ヘナが合わなくなったと感じる方に向けて美容師がわかりやすく解説します!ヘナカラーとは?植物性の染料なのでダメージがなく、ハリコシが出てトリートメント効果もあります!通常の...

違いは何?

染料が異なります!

白髪染めはブラウン系のみ、おしゃれ染めは暖色系、寒色系などバリエーションがたくさんあります。

白髪は真っ白なのでファッションカラーで染めてしまうとそのまま発色してしまいます!

例えば赤系のおしゃれ染めで染めた場合は白髪は赤く発色してしまいます!

なので白髪以外の毛と綺麗に馴染むようにブラウン系で作られています!

おしゃれ染めで白髪は染まる?

染めることは可能です、基本的には7トーン以下のカラー剤であれば

白髪に多少、色が入るのでぼかすことができます!

先述した通り、赤で染めると綺麗に赤くなったりするので自然な仕上がりにしたければ

ブラウン系のカラーで染めるのがオススメです。

明るいおしゃれ染めだと白髪にはほぼ色が入りません。

しっかり明るく染めると黒髪と白髪のコントラストが穏やかになるので

目立ちづらくはなります!明るくしてぼかす方法についてはこちらを

ご覧ください!

【美容師が解説】白髪ぼかしハイライトとは?
最近よく耳にする『白髪ぼかし』というワード気になるけどどんなものかわからない方に向けて美容師の私がわかりやすく解説します!ブリーチを使用したデザインカラーブリーチという強力な脱色剤を使用して髪の毛を明るくし...
海馬瀬戸

高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。美容師を始めた時に3週間に1度、白髪染めをしにいらっしゃる方が沢山いてびっくりしました。時間もお金もかかるし大変そうだな…どうにかしてセルフで簡単で綺麗に染めれる方法はないかな…そんな想いからこのブログを立ち上げました!

海馬瀬戸をフォローする
白髪のお悩み
海馬瀬戸をフォローする
美容室卒業⭐︎簡単、綺麗に白髪染め♪(美容室店長監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました