酸性ストレートとは?通常のストレートとの違い

その他

導入していない美容師さんや一般の方にもわかりやすいように解説します!

Phが酸性領域

小学生の時にリトマス試験紙を用いてPhを測ったことがあると思いますが

実際に酸性ストレートをするときも使用します!専用の薬剤を混ぜながらPhを

調整してパワーをコントロールします!通常の縮毛はアルカリ領域です!

髪の毛は弱酸性が1番安定します!

還元剤にGMT、スピエラを使用

チオなどの通常の還元剤は酸性領域になると還元力がガクッと落ちます。

なのでメインは『GMT』『スピエラ』です!

酸性領域で還元力が活発になります!

アイロン操作と水分量が重要

通常の縮毛と違い『アイロン操作』『水分量』が重要です。

アイロン前に乾かし過ぎてしまうとクセが伸びにくくなるので

濡れてはないけどしっとりしている状態が理想です。

水分が残っているほうが髪に隙間ができるのでシスチン結合が

動きやすい状態になるからです!簡単にいうと横幅30センチの細い道を歩くのと

横幅1メートルの道を歩くの違いです(笑)伝わりましたか?(笑)

この横幅が水分量、シスチン結合をアイロンで移動させる感じです!

ジューッと音がするのはNGなので前処理やドライを繊細に行います。

アイロン操作はしっかり熱を加えます、水抜きアイロンとYouTubeなどで調べると出てくると思います。

ハイダメージ毛、ブリーチ毛など向け

基本的にバージン毛や体力がしっかりあるような髪には向いていないので

アルカリ矯正で施術しましょう!

酸性ストレートはダメージも少ないだけで全く傷まないわけではないので

そこも理解した上でお客様に提案をしましょう!

海馬瀬戸

高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。美容師を始めた時に3週間に1度、白髪染めをしにいらっしゃる方が沢山いてびっくりしました。時間もお金もかかるし大変そうだな…どうにかしてセルフで簡単で綺麗に染めれる方法はないかな…そんな想いからこのブログを立ち上げました!

海馬瀬戸をフォローする
その他
海馬瀬戸をフォローする
美容室卒業⭐︎簡単、綺麗に白髪染め♪(美容室店長監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました