巻き髪みたいなパーマはできますか?イメージ通りにならない…

その他

一般の方、からの質問です!

理想のスタイルになかなかならないパーマ、なぜギャップが起きてしまうのか解説します!

そもそもパーマをかけるとパサつく

髪質を良くするものではありません、ダメージを引き換えにカールをつけるので

艶々のパーマを作り出すことは難しいです。ダメージが少ない髪やバージン毛(カラーもパーマもしていない)であれば艶は出やすいです。

また、パーマの性質上、乾燥するとパサついて見えるものです。

スタイリング剤必須

ただ乾かしただけでは先ほど述べたようにパサつくのでスタイリング剤が必須と考えていただいた方が良いです。

パーマの性質上、髪の毛が濡れないと綺麗なカールは出にくいので

保湿が必要です、パーマのスタイリング剤だとムースをお勧めされると思いますが

水分量が多いので綺麗にパーマが出るからです。

巻き髪に近づけるには?

デジタルパーマがオススメです。熱処理をするのでカールにハリが出ます。

そこまで濡れ髪にしなくてもカールがしっかり出るので巻き髪に近い感じになります。

ですが難易度が高いので美容師さんの腕にかかっています。

細かいカールすぎるとコテっぽくならないので注意してください。

朝のスタイリングでオススメの方法は

①霧吹きで適度に濡らす(濡らしすぎない)

②ムースを均一に揉み込む(固まらないムースがオススメ)

③オイルで全体を艶出し

が1番良いと思います!

コテの質感には勝てない

パーマはコテで作った巻き髪のクオリティには絶対勝てません。

なぜかというとコテは熱を加えながら欲しいところに自在にカールを付けれるからです。

熱を加えることによって【クセが伸びる、艶が出る】効果があるので

艶々で綺麗なカールができます。一方、パーマは先にカールをつけたものを

ドライヤーでカールを崩しながら乾かすことになってしまうので

お客様が家で再現するのが難しい上に、元々の髪質+多少のダメージが

起きるので艶は出ません。

カタログのパーマは9割型コテで作っている

なぜイメージとギャップが起きてしまうかというとこれが1番の原因です。

広告なので気合を入れて美容師さん達は撮影をしますが

お店の看板を背負っているプレッシャーや集客の為にアイロンで作ったものを

パーマとして掲載しているのが今の業界の現状です。

なのでお客様からしたらこんな艶々のカールが再現できると思ってしまうので

美容師とお客様でギャップが生じてしまいます。

お客様は何も悪くありませんが理解してパーマをかけましょう!

海馬瀬戸

高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。美容師を始めた時に3週間に1度、白髪染めをしにいらっしゃる方が沢山いてびっくりしました。時間もお金もかかるし大変そうだな…どうにかしてセルフで簡単で綺麗に染めれる方法はないかな…そんな想いからこのブログを立ち上げました!

海馬瀬戸をフォローする
その他
海馬瀬戸をフォローする
美容室卒業⭐︎簡単、綺麗に白髪染め♪(美容室店長監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました