【美容室店長が教える】セルフカラーでも痛まない!簡単、綺麗に白髪染めをする方法!

白髪のお悩み

毎月、白髪染めをしに美容室へ行くのが面倒…

白髪染めの出費を抑えたい…

自分で綺麗に染めれるか不安…

セルフカラーって痛むし大丈夫かな…

美容室店長がそのお悩みを解決します!

美容師がなぜセルフカラーを勧めるの?

この見出しをご覧になった方はなぜ美容師がセルフカラーを勧めているんだと疑問に思ったのではないでしょうか。

その経緯はプロフィールに記載しているので興味があればご覧ください!

Profile
高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。なぜ美容室の店長がセルフカラー勧めるのか、少し長くなりますが興味があればご覧ください!話は遡ること就職してアシスタントとして働き始めた...

この染め方がオススメな方

  • 白髪が気になる方
  • ハリコシがなく、細い髪質(猫っ毛)
  • 艶々な髪にして若く見られたい、綺麗に見られたい方
  • 自宅で気軽に綺麗に染めたい方
  • 毎月の美容室から解放されたい方
  • 毎月の出費を抑えたい方

この染め方が向かない方、やらなくても良い方

  • どうしても明るめのカラーをしたい
  • どうしてもパーマをかけたい
  • 毛が太く硬く、丈夫な方(色々やっても痛みにくい為)
  • 美容室が大好きで出費を惜しまない方

この方法のメリットは?

  • 髪への負担がないので艶々な髪を維持できる
  • 頭皮への負担がほぼないので頭皮環境が良くなる
  • カット以外で美容室に通う必要がなくなる
  • 自宅で簡単に染められる
  • 毎月の出費が抑えられる

この方法のデメリットは?

  • 白髪はブラウンになるが黒髪はそのままで明るくできない(ほとんどの毛が白髪の場合、明るめのブラウン可)
  • パーマやストレートなどのかかりが悪くなる
  • 根元の染まりは若干悪い(白髪が多い方はヘアマスカラでカバー)

具体的な染め方と手順

①月2回程度、カラートリートメントで染める

(シャンプー後、全体につけて10分放置するだけ)

②週2回程度、カラーシャンプーを使用する

(通常のシャンプーと同じ使い方)

③顔まわりやトップなど気になるところがあればカラーマスカラで隠す

この繰り返しでとてもシンプルです!

カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーとはその名前の通り、シャンプーにカラー剤が含まれています。

一般的なカラーシャンプーはHC染料が使用されており髪の表面に吸着し発色する仕組み

通常のカラー剤とは全く違うタイプのものです。

HC染料はダメージも頭皮への負担もほぼないので安心して使用できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長が解説】白髪が染まるカラーシャンプーとは?頭皮への影響は?
カラーシャンプーとは?頭皮への影響は?カラーシャンプーとはその名前の通り、シャンプーにカラー剤が含まれています。一般的なカラーシャンプーはHC染料が使用されており髪の表面に吸着し発色する仕組みで通常のカラー剤とは全...

カラートリートメントとは?

カラートリートメントとは通常のカラー剤とは違います。HC染料などの塩基性の染料が主成分で髪の外側だけに吸着し発色するカラー剤がトリートメントとブレンドされたものを指します!

先述したカラーシャンプーと同じ種類の染料です!

こちらも頭皮や髪の毛への負担はほぼないので安心して使用できるものです!

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長が解説】白髪が染まるカラートリートメントとは?頭皮への影響は?
カラートリートメントとは?カラートリートメントとは通常のカラー剤とは違います。HC染料などの塩基性の染料が主成分で髪の外側だけに吸着し発色するカラー剤がトリートメントとブレンドされたものを指します!頭皮や髪の毛への負担はほ...

ヘアマスカラとは?

根元の白髪が気になったときにサッと塗って隠せる便利なアイテムです!

シャンプーすれば落ちてしまいますが3分もあれば隠せます!

メイクの延長できてとてもお手軽です!詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長がオススメ!】簡単白髪隠しアイテム2選!(ヘアマスカラ)
これから人に会うのに白髪が…友人の目線が気になる…そんな時に活躍する美容師おすすめのアイテムをご紹介!機動力抜群のヘアマスカラがオススメ!気がついたときに塗って隠せるので気になる顔周りやトップの白髪をさっと...

美容室店長が選んだ市販で買えるオススメ商品!

市販で買えてコスパが良く、オーガニック系の製品を選びました!

カラーシャンプーのオススメはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長がオススメ!】市販で買えるカラーシャンプー3選!(白髪が染まるタイプ)
白髪が染まる便利で手軽なカラーシャンプー!美容室店長がオススメのカラートリートメントを選びました!カラーシャンプーについてはこちらで解説しているのでよろしければご覧ください!①ROOT VANISH...

カラートリートメントのオススメはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長がオススメ!】市販で買える白髪染め3選!(カラートリートメント)
白髪が1ヶ月も経たないうちに目立つのでお家で気軽に染めたい…市販の商品がたくさんあってどれが良いのかわからない…そんなお悩みをお持ちの方はこちらの記事をご覧ください!絶対NGなカラー剤①通常の白髪染め...

明るくするのは諦めよう!

潔く諦められれば美髪への近道!明るくする=脱色する=ダメージする

明るいけどダメージして艶のない髪 or 暗いけど艶々な髪

どちらが良いですか?

艶があれば若く見え、印象も変わります!

パーマは諦めよう!

毛が硬い、ハリコシがある方はかけても問題ないです!

40代、50代になると髪の毛は細くハリコシのない毛になります。

細く、ハリコシがない毛=パーマがかかりづらい、持ちが悪い、ダメージしやすい

美容師からしても難易度が高く、ぷるんとした弾力のあるカールにするのは難しいです。

あまりメリットがないのでボリュームを出したい方は思い切ってショートヘアにしましょう!

40代〜60代におすすめのヘアスタイル3選!

トップにボリュームが出やすくてスタイリングが楽なエイジング毛向けスタイルを選びました!

①ショート

スナップマートさんサンプル画像をお借りしています。

②ショートボブ

スナップマートさんサンプル画像お借りしています。

③ミディアムレイヤー

スナップマートさんサンプル画像をお借りしています。

各スタイルの詳しい解説などはこちらの記事をご覧ください!

【美容室店長が選ぶ】40代、50代、60代女性におすすめの髪型3選!
何を基準に選んでいるの?40代からだんだんと毛が細くなり、ハリコシがなくなり、ダメージしやすい髪になります。この部分をフォローできるスタイルのご紹介になりますのでトップにボリュームが出やすいパサついて見えづらいスタ...

縮毛矯正、ストレートパーマはOK

髪の面が整い、綺麗に光を反射するようになると艶髪になります!

髪のクセが強い方やジリつきが目立つような方はケアすればダメージは少なくなり指通りは良くなりますがクセがある状態のままだと艶感は出にくいです。

クセのお悩みがある方は縮毛をするべきだと考えています。

ですが注意点があります、真っ直ぐにしすぎるとボリュームがなくなります。

また、経験が浅い美容師さん、ストレートが苦手な美容師さんに当たると

過度なダメージをしてしまう可能性もあります、それだけ繊細な技術です。

縮毛矯正とストレートパーマの違いや、美容室の失敗しない選び方、要望の伝え方などはこちらの記事で解説しております!

【美容室店長が解説!】縮毛矯正とストレートパーマの違いは?失敗しないお店の選び方!
縮毛矯正とストレートパーマの違いは?失敗されたらどうしよう!どうやってお店を選んだら良いんだろう…なんて注文すれば良いのかな?そんなお悩みを美容室店長が解決します!縮毛矯正、ストレートパーマの違いは?...

まとめ

  • カラーシャンプー、カラートリートメント、ヘアマスカラの3つで白髪染めをする
  • できればショートヘアにしてしまおう!
  • 明るいカラーとパーマは諦めよう!(ストレートはOK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました