【美容師が業界の闇を暴露】髪質改善とは?

その他

定番のメニューとなってきた髪質改善トリートメント、導入してるサロンも多いかと思いますが結局これなんなの?という方のために記事を書きました!

筆者は少し否定的です!いろんな見解があると思うので多めに見てください!

定期的にやったら傷んだ…という方も多いのでその謎についてわかりやすく解説していきます!

髪質改善の定義とは

かなり抽象的な言葉ですが基本的には『酸熱トリートメント』のことを指します、TOKIOなどの通常のタイプ『システムトリートメント』のことを髪質改善と謳う美容室もあるそう…

特徴として『クセが少し伸びる、ハリコシが出る』成分で言うと『グリオキシル酸』が含まれているトリートメントで施術の最後にストレートアイロンで熱処置を行います、大体200度ぐらいで使用…

このグリオキシル酸のパワーは絶大でサラサラにしてくれます!

イミノ結合(イミン結合)という怪しい結合…

メーカーの図解説を見るとあたかも『シスチン結合』のようなものを新しく、

擬似的に作るような描き方になっていますがこれは書き方を変えるべきだと思います(笑)

シスチン結合は今の技術では絶対に作れません…

この反応によりクセが伸びるようですが、クセが伸びる=還元剤(パーマ液1剤)が入っている

が不変の原理です。そう、成分表をよく見るとGMTやチオ系の

還元剤が微量に含まれている(笑)そういうことです…

通常は還元剤を使用した後は再結合させるために2剤を使用しますが

時間短縮も兼ねてなのか2剤が無い…

質感はすごく良い

名前の通り、酸のおかげで酸性に傾くので髪の毛は安定しやすく、キューティクルが閉じるので一時的に疎水毛に。

ハリコシが出てグリオキシル酸のパワーでサラサラになるのでシステムトリートメントよりかは確かに仕上がりや持ちは良いと思います!

軟毛で膨らみが気になる毛には良いかも!

髪質によっては軟毛でクセが弱い毛には相性が良いと思いますが

やっぱり2剤ないのが気になって仕方ない(笑)

微妙に還元したシスチン結合は大丈夫なのだろうか…

結論、クセを伸ばしたいならストレート、質感良くしたいならトリートメント

結局そうなんですよね(笑)単価をあげるため、時間効率をあげるために

メーカーさん達が考えた策略だと僕は思っています…

もちろんサロン経営者からしたらおいしい話ですが…

まとめ

賛否両論なものなのでだいぶ否定しましたがご理解ください!

また新しい成分が出てくるかも知れませんし、単純に僕の勉強不足な部分もあると思います!

選ぶのはお客様で改善系の美容師さん達と揉めるつもりはありませんのでご了承ください!

海馬瀬戸

高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。美容師を始めた時に3週間に1度、白髪染めをしにいらっしゃる方が沢山いてびっくりしました。時間もお金もかかるし大変そうだな…どうにかしてセルフで簡単で綺麗に染めれる方法はないかな…そんな想いからこのブログを立ち上げました!

海馬瀬戸をフォローする
その他
海馬瀬戸をフォローする
美容室卒業⭐︎簡単、綺麗に白髪染め♪(美容室店長監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました