アイロンの適切な温度は?

その他

お客様にもよく聞かれるし雰囲気で低い方が良いって言ってる…

そんな方に理論的にご説明させていただきます!

筆者の見解は160度!

そもそもなぜ傷むかというとタンパク質の熱変性が原因です!

熱変性が起きるか起きないかは髪の毛が濡れてる時、乾いている時で温度が変わります!

濡れている時は60度、乾いている時は130度です!

なぜ160度かは後述していきます。

髪に伝わる温度は−50度

アイロンで髪に巻いた直後に伝わる温度は−50度でそのまま当て続けると

設定温度との差がなくなっていきます!

なのでこの理論から言うと80度で巻けば熱変性は起こらない!

ですが美容師さんならわかると思いますが巻けたもんじゃない(笑)

なので『ギリギリ巻ける温度で当てすぎないように巻く』が詰まるところ

ベストになるので僕の感覚ですが160度ならまだ巻きやすい。

お客様に聞かれたら160度をお勧めしましょう!

毛質によってはもっと低くても巻けると思います!

美容師ならもう少し温度を上げても良い

−50度の理論からすると当て過ぎなければ良いので

高い温度でさらっと巻くのと低い温度でじっくり当てるのでは

同じなので美容師さんであれば温度高めでも良いと思います

海馬瀬戸

高校卒業後、カリスマ美容師に憧れて上京。表参道有名店で修行を経て現在では店長に。美容師を始めた時に3週間に1度、白髪染めをしにいらっしゃる方が沢山いてびっくりしました。時間もお金もかかるし大変そうだな…どうにかしてセルフで簡単で綺麗に染めれる方法はないかな…そんな想いからこのブログを立ち上げました!

海馬瀬戸をフォローする
その他
海馬瀬戸をフォローする
美容室卒業⭐︎簡単、綺麗に白髪染め♪(美容室店長監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました